カモメのジョナさん。

安全圏を生きるか、

 

リスク覚悟で冒険するか?

 

先日のmentalカウンセリングコースでの、

  

学院生Aさん(30代女性)の一言が印象的でした。

 

「私、OOという場では、

どうしても収まらない人間なんです。。。」

 

プライバシー保護のため、敢えて、

〇〇=職業はここでは伏せますが、

 

大変立派なお仕事です。

 

 

自分の価値観が周囲の価値観と

明らかに違い始めると、

 浮いてくる。

 

多少は周囲に擦り合わせるものの、

 これ以上、自分の価値観から外れたら、

自分が自分でなくなる。

 

そこから生じる葛藤、ストレス、

それが限界に達した時、

引き寄せたトラブルが

きっかけとなり、動ける人もいます。

 

Aさんはそういうタイプでした。

 

 

動ける人が居る。という言い方は、

 それが限界に達していなくても動く人が居る。

 からです。

 

 

それが、superマンツーマンコースレッスン生の

 学院生Bさん(50代男性)です。

 

本当に安定した、世間ではうらやましがられるような

 ご職業についていらっしゃりながら、

 

若い頃からやりたかったことに挑戦したい。

 

今年ダメでも来年があるからと、

 落ち着いたご様子。

 

そういうタイプのBさんです。

 

  

お二人の名誉のために申しておきますが、

 現在のお仕事は、かなりハードですが、

 ちゃんと責任を全うされ、 

本当にまじめに働いていらっしゃいます。

 

組織の中で、必要とされていらっしゃる、

優秀で、素敵なお二人です。

   

 

20代、社会人なりたての頃、

感銘を受けた

「カモメのジョナサン」 が

近頃、また、頭上を舞い始めました。 

 

こちら、鳩のジョンさん。

教室北側道路にず~っと前から住みついています。

 

「ハイ!か~ゆいね♡」

でポーズ!

 

最近は、子供バトが沢山生まれて、

以前にも増して、幸せなご様子。

 

生きることも大事だけど、

生活することも大事。

 

そんなことを教えてくれます。

 

世の中には色んな生き方があっていい。

 

コントラストがあるからこそ、

一人一人が輝くのだと思います。

 

鶴でも、鷹でも、

トンビでもいい。

鳩でも、カモメでも、スズメでも、ツバメでも。。。(笑)

 

そろそろ、自分がどんな鳥として

 

この大空を羽ばたくのか、

 

決める人が増えている様に感じる

 

今日この頃です。