真実という名の真珠の首飾り

ただいま~!!!

 静岡での研修から帰ってまいりました。

 

壬生川駅から降りて、 

やっぱり地元はいいなあ~。。。

 

よそへ行くと、

本当に西条市の良さがわかりますね。(しみじみ)

 

 

 

1週間でしたが、4日位の感覚???

 

ものすご~くふか~い!勉強になりましたよ。

 

 

やさしく、美しく、正直で、自然でいて、創造的な 

 食 を通して、

単なる栄養学を超えた、心の在り方、 

人の知恵と自然との関わり方を学びました。

 

 

心や精神、健康、呼吸、脳、運動、食に関する

沢山の蔵書の写真をアップして、

皆様にもお見せしたかったのですが、

 

スマホを持たない私が、

肝心なデジカメを持っていくのを忘れてしまい

他一枚も写真を残しておりません。悪しからず。(._.)

 

 

 

「内在知」

 という言葉を教わりました。

 

人は誰しも、自らの中に答えを持っている。

外に求めて、足りない足りないと焦るのではなく、

 

内へ目を向け、気づき、引き出す力、

それを磨くことが、

病などの治療にもつながる。。。と。

 

健康も才能も、同じだと思うんです。

 

私の知っている言葉で言い換えるならば、

「今の手持ちのカードで勝負する。」

 

自らに与えられた、特徴、個性に良し悪しをつけたり、

足りないと嘆くよりも、

まずは、その特質を生かし切ることが、

才能を生かすことであり、

一人の人間の命を全うすること。

使命を生きることかなと。

 

特に、今の時代こそ必要なことかと思います。

 

 

それから、もう一つ学んだこと。

 

それは、

 

「一流ほど、ゆるんでいる。」

それを指導者の方々を拝見していて、納得しました。

 

 

内在知とはいえど、

まだまだ私は、本も読んだり、

一流の人と出会ったりしながら、

新しい学びを重ねていくことを楽しく感じます。

 

 

最後に、

 

このお勉強会へ参加する前に

ある言葉に出会っていました。

 

それは、

 

 

真実という名の真珠の首飾りは、

誰にでも軽々しく与えてはいけない。

本当に受け取る価値のある人にだけ与えよ。

本人が必要と思い求めてきた人だけに与えよ。」

 

私は基本、いいことは少しでも多くの人に教えてあげたい。

仕事人としても、絶対、出し惜しみはしない。

その姿勢でいますし、これからもそのつもりです。

 

ただ、一つ思うことは

今の世の中、ネットで情報が溢れており、

相手の人となりが全く分からなくても、

勝手に想像を膨らませて、

信じ込んでしまう。

これは、特に、

学びや、知恵をやりとりする上で、

危険だと思うことがあります。

 

そして、真で純であればあるほど、

真珠の首飾りの様に、

繊細に扱う必要があるということです。

 

 

もし、真珠を渡したつもりが、

相手は、セメント石だと怒るかもしれない、

価値が分からない人がバラバラにしてまった

地面に落ちた真珠に気付き、

それを繋ぎなおせる人は

そう多くは居ないと思うからです。

 

それではあまりにも真珠がかわいそうすぎます。

本来手にすべき人に届きません。

 

そういうわけで、私も

 

繊細な真珠の首飾りは、

リアルで、

必要とされる方に、タイミングをちゃんと見て、

大切にお届けしたいなと

思うようになりました。

 

 

目的を持って行動したところには、

必ず、真珠が一粒転がっている。

 

そんな真珠の玉をひとつ一つ、

繋げていくことが、

学び、成長すること、生きる事。

 

死ぬときは、バラバラにして、

海に放り投げてみたい。

 

来世では、また違う首飾りを作るんだろうな。。。

 

明日から

2017年度前期ターム開始です!